« March 2004 | Main | May 2004 »

日々是怠惰・・・

よつばフィギュアでだらだら・・・






>yotsuba.JPG
  

電撃大王・・・のフィギュア
ちいせえ・・・けど

ボールジョイントのすごい機動性だ


今日は買い物デー・・・
ヨドバシカメラで
ワイヤレスキーボード&マウスを買った・・・


いやぁ、キーボードラクだわ・・・
すごい打ちやすいです・・・
今までのストレスはなんだったんだろう・・・

あと、東名高速の下り、海老名SAで
メロンパンを買った・・・

なんだ?人気なのか?
そうらしい・・・

・・・一人も並んでなかったけどネェ

いい加減・・・ダメ人間に終止符を

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミラクルは続く・・・

モナコ!

いやぁ・・・すばらしい
今回のチャンピオンズリーグではずっと贔屓にしてきましたが・・・

挑発に乗ってモナコが10人になってしまった後、(マケレレ、オマエはひどいヤツだな・・・)
メルキオットをはずして、八ッセルバインクを入れたチェルシー
プルソをはずしシセを入れたモナコ・・・

メルキオット→ハッセルバンクは早すぎるだろ・・・と思ったんですがねぇ

今日の隠れMVPはモナコ右サイドDFのイバラですね・・・
特に後半の守備はほぼ完封・・・攻撃でもいいアクセントを加えていました

しかしこういう試合、誰か一人キレキレな選手がいたほうが勝つものです。
・・・ジュリね

残念ながら、八ッセルバインクの確変は終了したようです・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

・・・こいつはアホだ、アホに違いない

「イラクに残りたい・・・」
・・・あの人は何を考えているのか?もうさっぱりです
ちゃんと説明してください・・・

・・・そうすれば、政府も移民の手続きを取ってくれるかもよ

日本では、一応
「個人の自由は公共の福祉に反しない限り」
認められています。

自由・権利には義務がもれなくついて来るんだが、
それは措いておくのが、あの人の正義か?


この騒動に対しての川口外相や小泉さんとかのコメントが
すごくまともに聞こえてしまうのは、耳が変になってしまったんでしょうか?

・・・日本にいてもやれることはある
とも思うが、盲目の正義って・・・ねぇ

| | Comments (1) | TrackBack (1)

横山光輝氏の死去・・・

ザンネンです・・・

日本人で知らない人はいないでしょう・・・

・・・冥福を

| | Comments (9) | TrackBack (0)

虫が良すぎる・・・

たとえば、
子供が立ち入り禁止の金網を乗り越え用水路で溺れ死んだ・・・・
なんて話を聞くとどう感じますかね?

・・・金網が低いのが悪い?

・・・では、それが子供じゃなくて大人だったとしたら?
どう感じますか?

・・・まぁ、自分が言いたいのは”例の”事件のことなんですが

勝手に乗り越え、勝手にハマリ、
助けてくれとは大人の所業ではないと思うのです。

デリケートな問題で、国益を左右しかねない・・・
・・・不利益になる状況を、個の正義でどうこうして良いのでしょうか

10年以上前の事件でよく憶えているものがあります
たしか、インド・カシミール地方の武装勢力に大学生2人が
捕まり殺害された事件がありました。

かれらは(確か、早稲田の)冒険部か何かで、
インダス川を河口まで下るという過程で、の事件でした。

で、イチバン印象に残っているのが、当時のニュースのコメント
「冒険と無謀は違う!」とすべての局で切り捨てられていました・・・
(僕はそれは違うとおもうんですけどね・・・)

・・・で、現在はというと

子供が回転扉に挟まった時、親は何処にいたのか?

子供が怪我をしたのは遊具のせいなのか?

危険なことを教えない親の責任は?

なにか、個がすべて正義であって、公は悪と
ステレオタイプですべて語られているようで非常に腹立たしい・・・


特に、報道ステーションのイラク拉致3人家族出演の回
番組全体で”ある方向”に世論を向けようとしている感じがして耐えられなかった。

まぁ、報道ステーションはニュースじゃないのでNHK見る事にしました・・・


・・・おかしな話だ

| | Comments (9) | TrackBack (0)

すべては風の中に・・・

非常に長かった・・・旅がひとつ終わりました
足掛け何年でしょうか・・・
何度も中座が入りました・・・が
いや、作品が面白くなくて・・・とか言うわけではないんです。
家に「それ」を忘れてしまって、ほかのモノに手を出してしまい中座を繰り返してしまい・・・
でも、戻るとすぐに引き込まれるんです・・・

池波正太郎の真田太平記全12巻
何か不思議な物語だったような気もします・・・
信長軍六万vs武田軍2千の戦い前夜の高遠城から始まった40年のストーリー
いや、読む前の真田太平記のイメージといえば
「何か忍者とかが出てきて・・・」見たいな「忍者=幻術」といった穿った見方をしていました

しかし池波氏は職業的特殊部隊として(おおむね)科学的に「あり」な存在として描かれていて
目からうろこ・・・いや、一気にのめりこめました。

しかし、忍者が主役じゃないですよ・・・
当然ですが、真田昌幸・信之・信繁(幸村)親子が軸です・・・
そこに魅力的な人物達が交わってきます。
あるものは生き延び、あるものは死んでいきます・・・

はぁ、なんていうのか・・・
ひさびさに乾いた風が通りぬけるような感覚です・・・
何かが通り過ぎていった寂しさが残る、良い作品でした・・・
・・・いまさら、言われなくてもと思わないでください。

しかし、何事も始まりがあれば終わりがあるわけですねぇ・・・
会えば分かれ、生まれれば死ぬ・・・

すべては風の中に・・・
すべては風の中に・・・
Dust in the wind・・・

・・・もう少し立ったら、風に散り往く高遠桜でもみにいこうか

| | Comments (0) | TrackBack (0)

・・・そしてデポル

すいませんでした・・・
昨夜、絶望だなんて書いちゃったんですが・・・

いや、ホント奇跡の大逆転です・・・

デポルティボラコルーニャvsACミラン
第1戦を4−1で負けたデポルには4−0で勝つ、もしくは4−1で延長突入しかなかったわけですが、
イタリア勢相手に4点は現実的ではないナァ・・・と
レアルは穴ありですからネェ・・・DF陣

しかし、結果はまさかの4−0!!
イルレタ監督と選手間でのすれ違いなども取りざたされていましたが、やってくれました・・・

いやぁ、こんな爽快な週は無いですよ・・・ほんと

そしてポルト・・・リヨンを撃破

これで、
チェルシーvsモナコ
デポルティボラコルーニャvsFCポルト

・・・となったわけです。

決勝はチェルシーvsポルトと考えるのが妥当だと思うが・・・今年は何が起こるかわかりません
・・・モナコ優勝?、いやいや自分的にはもうどのチームでもいいんですが、あえて1チームとすれば
FCポルトでしょう・・・昨年のUEFAカップの覇者がチャンピオンリーグの覇者となる
・・・あぁ、楽しい(妥当すぎか?)

しかし、この4チームここ数年台頭してきた勢いのある(かつて名門と呼ばれたりもした・・・)チーム・・・
そして、あまり借金の話を聞かないチーム(チェルシーはアレだけどね・・・)
所謂強豪チームの多くは借金まみれの状態だけに・・・

新時代到来か?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

・・・モリエンテスそしてランパード

チャンピオンズリーグ準々決勝・・・第二戦
アーセナルvsチェルシー
いい試合でした・・・
しかし、ランパード・・・良いです。
親子2代でイングランド代表のこの若者、すばらしいボランチとなりました。
リーグ戦でもこの金満チームにあって、生え抜きでレギュラーを維持している。
マケレレ・ベーロン・プティなどを抑えての活躍は、頼もしい限りです。(まぁ、プティはもうお疲れ様ですが)

そして、この試合ではやはり圧倒的にマケレレが(あえて一人といえば)存在感を発揮していたと思う
ランパードのカバーを徹底してやっていた・・・

この試合は中盤のプレス合戦の様相をていしていただけに、この存在は大きかった
マケレレのプレス、ランパードの散らし、と前半もかなり支配していた。

逆にアーセナルは、守備での連携がずれているように感じられた。
散らされたスペースに対するケアが甘かったように思える。
序盤、前半は中央をケアすることで良かったが、後半足が止まってきてからの
フォローの遅さが、2点目に繋がった気がしてならない。

まぁ、それでも、すばらしい好ゲームだったのは間違いないでしょう。

・・・地上波で見たわけなんですが、
あえて言えば、風間さんが風邪を引いていなければ・・・


モナコvsレアル・マドリー
こちらはすべて見たわけではないのですが、よくやった、モナコ!
第1戦で4−2となったとき、まだチャンスは十分あると思いましたが、まさかココまでうまくいくとは・・・
(デポルが1−4で負けて、これは終わった・・・と思いましたが)
しかし、このチームの頑張りは、ほんとアヤックスだよなぁ・・・

そして、個々の能力の不足分をチーム力で補う・・・というのが、私の好みだけに爽快だ
ブラジルよりもドイツ・・・が好み
(日韓ワールドカップ決勝の開始早々からの畳み掛けるパスワークは忘れられません。
・・・アレだけ面子を欠いたドイツがアレだけやれるんだから)
やはりサッカーにはディシプリンが必要なんだと、こういうチームを見ると思うわけです。

レアルにディシプリンが無いかというとこれはあるんですが・・・
たとえば、バルサとR・マドリーをみれば、明らかにひとつの生き物のように動くのはレアル
それは、ロナウジーニョかジダンか・・・ということなのかもしれませんが
・・・チームとしてはバルサのほうがすきなんですが(リバウドがいたころは、あったよな・・・秩序)

・・・とにかく、ちょろっと見た感じ、2点目のモリエンテス
これがすべてではないかと・・・1点目もアシストと考えると、この男の意気込みがすべてだった2試合だったのでは
・・・と


そして、準決勝はチェルシーvsモナコ
この2チームがどんな試合を見せてくれるのか、今から楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

・・・だらだらしすぎな日々

・・・な、わけでもないんですが
放置しすぎだな・・・

色々あるよネェ、最近・・・

回転扉は大人でも怖いよなぁ・・・

そもそも、コドモから目を話している親の責任だとも思うんだが・・・

三菱リコール

使ってるやつの整備不良だろ・・・

基本的に自分のことは棚上げしたほうが世の中らくだ・・・と、いうことだ


すべてたわごとです・・・真に受けないように

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2004 | Main | May 2004 »