世界のメジャー・日本のマイナー

20040531.JPG世界では・・・主にヨーロッパではだが、 自転車ロードレースは、サッカーの次に人気のあるスポーツだといわれています。 しかし、日本では・・・

一般市民にとって、自転車は便利な道具以上のものではないのですか?

ツアーオブジャパン第三戦・・・
修善寺にいってきたのは、先週の水曜
・・・いやぁ、日本でもステージレースやってるんだぞ!
って・・・

・・・しかし、平日だけに人が少なかったです
修善寺サイクルスポーツセンター内の5キロコースに普段では入れない特別コースを入れた8キロコース
そこを15周する120キロで争われました。
観戦のためコースの脇を延々と歩きました。
普段だったら絶対にできません・・・

こんな楽しいイベントがあるってことを、もっと多くの人に知ってもらいたいと思う一日でした。

主催者側にももっと頑張ってもらいたいんだけどね・・・

| | Comments (10) | TrackBack (0)

ミラクルは続く・・・

モナコ!

いやぁ・・・すばらしい
今回のチャンピオンズリーグではずっと贔屓にしてきましたが・・・

挑発に乗ってモナコが10人になってしまった後、(マケレレ、オマエはひどいヤツだな・・・)
メルキオットをはずして、八ッセルバインクを入れたチェルシー
プルソをはずしシセを入れたモナコ・・・

メルキオット→ハッセルバンクは早すぎるだろ・・・と思ったんですがねぇ

今日の隠れMVPはモナコ右サイドDFのイバラですね・・・
特に後半の守備はほぼ完封・・・攻撃でもいいアクセントを加えていました

しかしこういう試合、誰か一人キレキレな選手がいたほうが勝つものです。
・・・ジュリね

残念ながら、八ッセルバインクの確変は終了したようです・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

・・・そしてデポル

すいませんでした・・・
昨夜、絶望だなんて書いちゃったんですが・・・

いや、ホント奇跡の大逆転です・・・

デポルティボラコルーニャvsACミラン
第1戦を4−1で負けたデポルには4−0で勝つ、もしくは4−1で延長突入しかなかったわけですが、
イタリア勢相手に4点は現実的ではないナァ・・・と
レアルは穴ありですからネェ・・・DF陣

しかし、結果はまさかの4−0!!
イルレタ監督と選手間でのすれ違いなども取りざたされていましたが、やってくれました・・・

いやぁ、こんな爽快な週は無いですよ・・・ほんと

そしてポルト・・・リヨンを撃破

これで、
チェルシーvsモナコ
デポルティボラコルーニャvsFCポルト

・・・となったわけです。

決勝はチェルシーvsポルトと考えるのが妥当だと思うが・・・今年は何が起こるかわかりません
・・・モナコ優勝?、いやいや自分的にはもうどのチームでもいいんですが、あえて1チームとすれば
FCポルトでしょう・・・昨年のUEFAカップの覇者がチャンピオンリーグの覇者となる
・・・あぁ、楽しい(妥当すぎか?)

しかし、この4チームここ数年台頭してきた勢いのある(かつて名門と呼ばれたりもした・・・)チーム・・・
そして、あまり借金の話を聞かないチーム(チェルシーはアレだけどね・・・)
所謂強豪チームの多くは借金まみれの状態だけに・・・

新時代到来か?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

・・・モリエンテスそしてランパード

チャンピオンズリーグ準々決勝・・・第二戦
アーセナルvsチェルシー
いい試合でした・・・
しかし、ランパード・・・良いです。
親子2代でイングランド代表のこの若者、すばらしいボランチとなりました。
リーグ戦でもこの金満チームにあって、生え抜きでレギュラーを維持している。
マケレレ・ベーロン・プティなどを抑えての活躍は、頼もしい限りです。(まぁ、プティはもうお疲れ様ですが)

そして、この試合ではやはり圧倒的にマケレレが(あえて一人といえば)存在感を発揮していたと思う
ランパードのカバーを徹底してやっていた・・・

この試合は中盤のプレス合戦の様相をていしていただけに、この存在は大きかった
マケレレのプレス、ランパードの散らし、と前半もかなり支配していた。

逆にアーセナルは、守備での連携がずれているように感じられた。
散らされたスペースに対するケアが甘かったように思える。
序盤、前半は中央をケアすることで良かったが、後半足が止まってきてからの
フォローの遅さが、2点目に繋がった気がしてならない。

まぁ、それでも、すばらしい好ゲームだったのは間違いないでしょう。

・・・地上波で見たわけなんですが、
あえて言えば、風間さんが風邪を引いていなければ・・・


モナコvsレアル・マドリー
こちらはすべて見たわけではないのですが、よくやった、モナコ!
第1戦で4−2となったとき、まだチャンスは十分あると思いましたが、まさかココまでうまくいくとは・・・
(デポルが1−4で負けて、これは終わった・・・と思いましたが)
しかし、このチームの頑張りは、ほんとアヤックスだよなぁ・・・

そして、個々の能力の不足分をチーム力で補う・・・というのが、私の好みだけに爽快だ
ブラジルよりもドイツ・・・が好み
(日韓ワールドカップ決勝の開始早々からの畳み掛けるパスワークは忘れられません。
・・・アレだけ面子を欠いたドイツがアレだけやれるんだから)
やはりサッカーにはディシプリンが必要なんだと、こういうチームを見ると思うわけです。

レアルにディシプリンが無いかというとこれはあるんですが・・・
たとえば、バルサとR・マドリーをみれば、明らかにひとつの生き物のように動くのはレアル
それは、ロナウジーニョかジダンか・・・ということなのかもしれませんが
・・・チームとしてはバルサのほうがすきなんですが(リバウドがいたころは、あったよな・・・秩序)

・・・とにかく、ちょろっと見た感じ、2点目のモリエンテス
これがすべてではないかと・・・1点目もアシストと考えると、この男の意気込みがすべてだった2試合だったのでは
・・・と


そして、準決勝はチェルシーvsモナコ
この2チームがどんな試合を見せてくれるのか、今から楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

絶対に負けられない戦い・・・

・・・を負けてしまった後には何が残るのでしょうか?

バーレーン戦
なんともいえない結末です・・・まだ全部終わったわけではアリマセンが
バーレーンの引き気味の(というか、引ききった)DFラインにスペースもなく高松に当てたボールでは50/50・・・
中盤中央でボールが収まれば、少しは打開できたかも・・・と
サイド展開だともっと速いサイドチェンジを使わないと厳しいです・・・
相手4バックというか5バック(4バック+1スイーパー)みたいな形だとそんぐらいしかないよナァ・・・
闘莉王の怪我・那須の累積はかなり痛い
茂庭が戦犯扱いされないことをいのる・・・
前田は磐田でのFWが板についてきているだけにトップ下は逆に難しいのでは・・・
山瀬もトップ下というよりもシャドーのイメージが強い・・・
キープという点ではやはり松井で・・・
(UAEの時のようなひどい顔色ではないところを見ると体調はよさそうだ)

中盤は鈴木・今野で磐石でしょう・・・今日もこの二人は結構良かった
右サイドは次戦は石川でしょうが、3バック時のDFはやはり課題・・・
東京ではチームが4バックでしかもウイング気味なプレーだけに後ろからのフォローが欲しいところ

とにかく、頑張るしかない・・・と


チャンピオンズリーグ組み合わせ・・・
まさか本当にレアル対モナコになるとは・・・
頑張れモナコ!

Jリーグ・・・
開幕戦、FC東京対アルビレックス新潟を見てきました・・・
東京はケリー不在もあってちょっと厳しかった・・・特に後半
左右のサイドプレイヤー戸田・鈴木がどちらも中盤で絞るタイプではないので
ぽっかり真ん中にスペースが出来、いいところで収まらない・・・
前半は、早いプレスでそのスペースもボランチでつぶせたが、後半は疲れから
行ききれない場面が増えた・・・
しかも実際は戸田・鈴木はFWなわけで、実質4トップ・・・
4・2・4という恐ろしい布陣だったわけで・・・

新潟は序盤からJ1初試合のせいもあってか硬さがありペースをつかめなかった
っと言うのもあるが、スピードに少しついていけないと感じるシーンもあった・・・
後半は鈴木慎吾が入り流れは変わったように見えたが終わってみれば前半シュート4本後半3本
では、厳しい・・・
J1一年目の仙台を彷彿とするだけに(システムも同じ4・4・2だし)勢いに乗れば良いかもしれないが
中盤スペースが間延びした時、このチームは危険に陥るかも・・・
(仙台もそれが解消できなかった・・・)

・・・と、ヨタバナシでした

| | Comments (12) | TrackBack (0)

今日もタナカデー・・・

そんなわけで、UAE戦・・・
アー、良かった・・・
しかし、イヤラシイプレイがうまいですねー、あっちの人たちは・・・
まぁ、後半途中かなり流れが悪くなった時はハラハラしましたが・・・

来週からはJリーグも始まりますしサッカー好き的には忙しい日々です

| | Comments (4) | TrackBack (1)

絶対に負けられない戦いが・・・

そこにはある・・・

すごいあおり文句ですよねぇ・・・

サッカーオリンピック最終予選・・・
レバノン戦は勝利したわけです・・・

フル代表より見ていて楽しいのは、
きちんとボールが回る・攻撃の狙いが全員に浸透している
っと、いったところでしょうか?

なによりかれらの立場は「谷間世代」なんて呼ばれてしまう・・・
日本人の好きな判官びいき的なポジション・・・

もしくは昔のジャンプ方程式「努力」「友情」「勝利」・・・
が当てはまるところかも

いや、アテネに行けば当てはまるわけだけど・・・

皆はリアルジャンプ漫画を期待している

| | Comments (104) | TrackBack (1)

・・・ストーブリーグ

私の場合は、野球ではなくサッカーね・・・

2004シーズンに向けた今回のストーブリーグは熱いねぇ・・・と
とくにJ2の補強が見ごたえ十分・・・
05年からJ1が18チームになることもあって、うまくすれば3チーム昇格もある・・・
仙台は大量放出の中、佐藤寿人が残ったのはちょっと感動した・・・

昇格争いは川崎・京都に福岡・甲府・山形・仙台あたりが追う形に湘南が絡むか?といった状況かと・・・

で、J1ではやはり日本のチェルシーになるのか?神戸・・・がおもしろいかも
あちこちにオファー出しまくってます・・・
磐田の藤田の一件収束しましたが、
今度はイルハンです・・・

獲った理由もいいです・・・興行面の優先、女性ファンの獲得
神戸の先は意外と短いかもしれません・・・

浦和もなんだかすごい補強をしています・・・各年代代表で1チーム作り上げてしまいました
しかし、ちょっと悲惨な感じなのが清水エスパルス・・・
三都主、安貞桓、トゥット・・・と北島以外抜けた感じの攻撃陣はどうなるんでしょうか、
助っ人で大丈夫なんでしょうか・・・
一歩間違うとこのチームJ2行きです

注目は柏に来るドゥドゥですかねぇ・・・

世界に目を転じて見ましょう・・・
スペイン、バルサがダビッツを獲得しましたが・・・DF陣はこのままで良いのか?

ストーブリーグじゃないが、FIFAのブラッター会長が熱い・・・
セクハラ発言カメルーン代表ユニフォーム発言・・・どうなの?
女子はぴちぴち、男子はだぶだぶじゃないとだめ!・・・と

いい人じゃないか!

| | Comments (9) | TrackBack (0)